Archive for2010/11

GPW杯コンピュータ将棋はBonanzaが全勝優勝

GPW杯2010将棋大会

ご報告がたいへん遅れまして申し訳ありません。先月開催されたゲームプログラミングワークショップ(GPW)2010の中で11月12日(金)、13日(土)の両日に行われたGPW杯コンピュータ将棋大会は、リーグ表のとおりBonanzaが9戦全勝で優勝しました。おめでとうございます。Bonanza楽観(的)合議として出場した昨年に続く2年連続の全勝優勝と、箱根では圧倒的な強さを誇っています。全体的なレベルアップも顕著だったようで、今年は人として参加していただいた方々にとって過酷な結果となったようです。今回は前回のような大きなトラブルはどうやら避けられたようで、主催者側としてもホッとしています。皆さん深夜の激闘お疲れさまでした。

今年はリーグ表から棋譜にリンクするようにいたしましたので、掲載遅れをお許しください。未公開のままになっている昨年の棋譜もできるだけ早いうちに公開したいと思っています。

今回のGPW-10でも多彩な発表がありました。ゲーム一般に応用可能な技術から「立体ピクロス」のような特定のパズルに関するもの、英語の招待講演、「清水市代女流王将vs.あから2010」のかなりマニアックなレビューなどバリエーションに富み、これでパーティに参加して深夜のGPW杯3競技をこなして温泉につかったらもう息つく暇もない、というてんこ盛りの内容でした。

GPW-10を採り上げているウェブサイトとしては、以下をごらんください。

Comments (3) | Trackbacks (1)

「清水市代女流王将vsあから2010」将棋世界にて観戦記

将棋世界 2010年 12月号 [雑誌]


月刊将棋世界12月号は、「コンピュータは七冠の夢を見るか?」特別企画として、10月11日に行われた「清水市代女流王将vs.あから2010」の8ページにわたる観戦記を掲載しています。この連載らしく、体裁は一般の将棋ファンにとっておなじみの普通の観戦記スタイルをとりつつも、コンピュータ将棋独自の考え方を所狭しと凝縮する内容になっています。対局者の清水市代女流王将と、多数のプロ棋士が現地で検討を行う控室、というおなじみの顔ぶれに加え、「あから2010」の側は、激指GPS将棋BonanzaYSSの4者が「合議」を行う模様と、さらに作戦を立てる開発者、そして勿論多数の観客と、その「登場人物」の多さでは異色の観戦記、ともいえます。

特に勝負の趨勢が決まった場面では、各「登場人物」の動向が事細かに
取材され、戦いの機微が再現されています。11月12日(金)のゲームプログラミングワークショップイブニングセッションでも、この観戦記は貴重な資料となるでしょう。

観戦記だけでなく、今号の最初のページを見開いた左側には、清水女流王将がこの対局の初手を指す場面のカラーグラビア写真が掲載されています。開幕したばかりの第23期竜王戦七番勝負第一局に勝るとも劣らない話題性の高い勝負、と認められたことを示している、という意味でも、コンピュータ将棋にとって記念すべき号といえると思います(表紙の写真には竜王戦第一局が選ばれています)。

Comments (0) | Trackbacks (1)

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!