Archive for2011/7

「戦略的なアマトップ合議はコンピュータに勝てるか?」あす開催

コンピュータ将棋『アマ強力タッグvs最強コンピュータ』

先月お知らせした特別企画「戦略的なアマトップ合議はコンピュータに勝てるか?」が、あす7月24日に開催されます。アマチュア強豪のペアとコンピュータ将棋の対局2局の詳しい内容はこちらをご覧ください。ペアが会話を交わさずに交互に指すいわゆる「ペア将棋」や「ペア碁」と違って、アマチュア強豪はすべての手を2人で合議して決めることができますので、かなり強力です。

対するコンピュータは当初の予定からやや変わり、第21回世界コンピュータ将棋選手権準優勝のBonanzaと、あから2010のハードウェアをマルチコア1台にした「あから1/100」が1局ずつ対局します。2局目は合議対決ということになりますが、人間とコンピュータのそれぞれの秘術が期待できそうです。

予告されていたニコニコ生放送での中継は放送時刻がすでに決まっていますので、ニコニコ動画の会員の皆様はご確認を。現地観戦される方やご用がおありの方は上記リンクからタイムシフト予約もできます。恒例となった人間とコンピュータのエキシビション対局の新しい形が、どのような技術と示唆をもたらしてくれるか、注目しましょう。

なお、観戦者の事前申込は終了していますが、若干の当日席があるようですので、申し込み忘れた方は会場へお早めに。

Comments (0) | Trackbacks (0)

コンピュータ将棋協会7月拡大例会のお知らせ

7/4追記: 会場が確定いたしましたので下に追記しました。

先月にすでにお伝えしたとおり、次回7月の当協会の例会は拡大例会とし、コンピュータ将棋開発者の討論会が行われます。

討論の内容は、次回の世界コンピュータ将棋選手権におけるルール策定の参考とされる予定です。


より大きな地図で 東京農工大小金井キャンパス10号館 を表示


より大きな地図で 東京農工大小金井キャンパス10号館 を表示

折しも先月末、Rybkaが世界コンピュータチェス選手権を失格処分および追放処分との報が伝えられ、チェス界で騒ぎになっているようです。市販もされている強豪チェスソフトのRybkaが、実は同じく強豪ソフトのCraftyFruitのコードの「ゲームプレイにかかわる部分」を無断で流用して世界コンピュータチェス選手権に出場していたことが発覚した、とされています。世界コンピュータ将棋選手権でも同様の行為は禁止されていますが、世界コンピュータ将棋選手権使用可能ライブラリについては事前の申し込みを行うことによって共通の使用が可能となっています。ただし第20回選手権からは共通の使用者の予選通過数に制限が加わっており、このルールについても議論の余地があるかと思われます。ライブラリルールが採用されてからの世界コンピュータ将棋選手権ではこのような不正は発見されておらず、今回の事件は直接コンピュータ将棋界に関係するものではありませんが、さまざまなことを考えるきっかけにはなりそうです。

恒例の対局サーバテストも行うことができます。多くの参加者、特にコンピュータ将棋開発者の皆さんの参加をお待ちしております。

Comments (0) | Trackbacks (0)

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!