Archive for2013/10

将棋電王トーナメント、6日後に迫る

注記1: 今年のGPW杯コンピュータ将棋大会ルールに合わせ、持時間15分、切れたら1手5秒の秒読みとなるようCSAテストサーバの動作を変更いたしました。今回のルールでのテストをCSAテストサーバにて行っていただけるようになりましたのでお知らせいたします。

注記2: 今年のGPW杯が行われるゲームプログラミングワークショップ2013参加申し込み〆切は10月31日(木)です。お申し込みがお済みでない方はお早めに。

将棋電王トーナメントが11月2日(土)〜4日(月、振休)に開催されます。いよいよ6日後に迫ってまいりました。

今回のトーナメントは、第3回将棋電王戦のコンピュータ側代表決定戦であるのみならず、これ自体が賞金総額500万円のビッグトーナメントとなっています。優勝賞金は250万円。コンピュータ将棋の大会としては文句なく空前の賞金額です。全参加者が使用するコンピュータが統一のハードウェアであることも特徴のひとつで、主なコンピュータ将棋大会としては第1回〜第3回国際将棋フォーラムの催しのひとつとして開催されたコンピュータ将棋王者戦以来の形式。ハードを含まないソフトの技術で争われる点が世界コンピュータ将棋選手権と異なります。

参加者の募集は終了しており、こちらに参加者の詳細が掲載されています。トーナメントの模様は動画の生放送が予定されています(視聴にはniconicoのユーザー登録が必要)。プロ棋士の対局料としても稀な水準の高額賞金がかかったコンピュータ将棋同士の対局がいかなるものとなるか、注目です。

Comments (0) | Trackbacks (0)

ゲームプログラミングワークショップ2013 参加募集開始

10/12(土)追記: 今年のGPW杯コンピュータ将棋大会ルールを決定いたしました。持時間15分、切れたら1手5秒の秒読みとなり例年とは異なりますのでご注意ください。詳しくはこちらをごらんください。

10/10(木)追記: GPW杯コンピュータ将棋大会ルールの一部は現在検討中です。時間制が一部変更となる可能性があります。

第18回ゲームプログラミングワークショップ 2013 (GPW-13)の参加申込受付が始まりました。今年も紅葉が始まる頃の箱根で金曜日を含む週末3日間、11月8日(金)~10日(日)の開催。お仕事のある方はお休みのご手配を。

今回もGPW杯コンピュータ将棋大会を開催します。今回のルールは持時間15分、切れたら1手5秒の秒読みとなります。例年とは異なりますのでご注意ください。詳しくは開催のお知らせをごらんください。

上記のコンピュータ将棋大会のほか、GPW杯としてコンピュータ囲碁大会(9路盤/13路盤)、コンピュータ5五将棋大会が例年通り開催される予定です。今年もまたタフで楽しい夜更かしイベントとなることでしょう。

本題のプログラム (暫定版)も多彩な内容の研究発表のほか、招待講演2件が今年も催されます。2件のうちひとつは、世界的な人気ゲームStarCraftで用いられている人工知能技術について。もうひとつは、長年コンピュータ将棋の発展に貢献された小谷善行教授が研究生活を振り返ります。

加えて今年は、森田将棋の開発者で昨年亡くなられた森田和郎氏を偲ぶ会も行われます。多くのご参加を楽しみにしております。

Comments (0) | Trackbacks (0)

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!