Archive for2014/11

将棋電王戦FINAL対戦カード発表、サイドイベントには2人のビッグネーム、継ぎ盤戦も

本日11月26日(水)の記者会見にて、将棋電王戦FINALの全5戦の組み合わせが発表されました。以下のとおりです:

第一局2015年3月14日): ▲斎藤慎太郎五段 – △Apery

第二局同3月21日): ▲Selene – △永瀬拓矢六段

第三局同3月28日): ▲稲葉陽七段 – △やねうら王

第四局同4月4日): ▲ponanza – △村山慈明七段

第五局同4月11日): ▲阿久津主税八段 – △AWAKE

上記の組み合わせは放送の事前に用意されていましたが、手番については従来にならって記者会見場での振り駒で決定されました。会場に登場して駒を振ったのは何と、1997年にコンピュータチェスのディープブルーと対戦したことで知られる元チェス世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフ氏でした。

そのカスパロフ氏、明後日11月28日(木)に羽生善治四冠王(もちろん将棋の)とチェス対局を行い、その模様もまたニコニコ生放送で中継されます。トーナメントプレーヤーとしては引退して久しいカスパロフ氏ですが、チェスの実力は現在でも世界10指に入るとのことで、四冠王とはいえ将棋のプロ棋士との対戦はきわめて異例。電王戦の縁で2人のビッグネームの戦いが実現することになります。

その羽生四冠王は、第1局の前月の2015年2月8日(日)リアル車将棋豊島将之七段と指します。本物の自動車を駒に見立てた将棋、というよりも、人間将棋のクルマ版、と言った方がわかりやすいかもしれません。豊島七段の操る車の車種はユーザー投票で決まります。すでに投票募集を開始しています。

さらに、過去2度行われた「リベンジマッチ」の3局目が、今年の大みそか森下卓九段ツツカナの再戦で行われます。第3回電王戦でツツカナが勝ってコンピュータ将棋チームの勝ち越しを決めた対局の後、記者会見での森下九段の「継ぎ盤があれば…」との発言を受け、対局用の将棋盤とは別の将棋盤を森下九段が専用で使用、持時間が切れた後も1手10分の時間が与えられることで読みの精度を高める、という貴重な条件戦となります。

さらに、前回多くの話題をさらった電王手くんは、次回さらに改良されてコンピュータ将棋側の駒を動かすとのことです。多すぎるほどの見どころ、これから5ヶ月間、コンピュータ将棋のことが頭から離れなくなりそうです。

Comments (0) | Trackbacks (0)

第2回将棋電王トーナメントはAWAKEが優勝

11月1日(土)〜3日(月、祝)に開催された第2回将棋電王トーナメントAWAKEが優勝し、賞金250万円を獲得しました。おめでとうございます。

AWAKE開発者の巨瀬亮一さんは、過去に奨励会でプロ将棋棋士を目指していた経歴の持ち主。世界コンピュータ将棋選手権にも3回出場しています。将棋電王トーナメントは第1回に続く出場でビッグタイトル獲得。第1回から21戦全勝を続けていたPonanzaとの決勝戦は苦しい戦いであったものの、難解な終盤戦に生じたチャンスをとらえ逆転、強さを示しました。

優勝のAWAKE、準優勝のPonanza、3位やねうら王、4位Selene、5位Aperyの上位5チームは将棋電王戦FINALプロ棋士チームと対戦することが決まりました。こちらがFINALと銘打たれているのは残念ですが、将棋電王トーナメントは第3回も準備されるとのことで、統一ハードウェア・本戦ノックアウトトーナメント・高額賞金が特徴のこの大会は今後も見ることができそうです。

トーナメントの模様は、今からでもニコニコ生放送のタイムシフト録画で視聴することができます(初日2日目最終日。視聴にはniconicoのユーザー登録が必要)。クライマックスの場面も簡単に見つけることができますので、見逃した方も是非どうぞ。

Comments (0) | Trackbacks (0)

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!