Archive for2015/6

次回電王戦は「頂上決戦」方式の2日制・二番勝負に

本日6月3日(水)、将棋電王戦に関する記者発表会が開催され、2016年春に、今年の電王戦FINALに続いてプロ棋士とコンピュータ将棋が対戦する第1期 電王戦が開催されることが発表されました。発表によれば、コンピュータ将棋代表が電王戦FINALと同じく将棋電王トーナメントで決定されますが、プロ棋士代表はこれまでと異なり(株)ドワンゴが主催する新たなプロ公式戦(新棋戦)で決定されます。そして次の電王戦は、持ち時間8時間の2日制で先手/後手を交互に持つ二番勝負が行われます。

過去3回の電王戦は5対5の団体戦でしたが、次は第1回電王戦以来の棋士ひとり対コンピュータ将棋1チームの対戦となります。その代わりに1局2日の対局を二局という大勝負になりました。日程は2016年の3月から5月の間に二局、とのみ発表されています。

6月20日(土)に早くも開幕する新棋戦は、全正棋士にエントリー資格が与えられるプロ公式戦。糸谷哲郎竜王森内俊之九段佐藤康光九段谷川浩司九段日本将棋連盟会長)らビッグネームの出場がすでに決まっており、「タイトルホルダーとコンピュータ将棋の対戦は避けられなければならない」という前提はなくなっています。ただし、糸谷竜王以外のタイトルホルダーの出場は未定のようです。棋戦の形式は、段位別に行われる予選を勝ち抜いた棋士16人によるトーナメントです。詳しい情報はこちらをご覧ください。

プロ棋士とコンピュータ将棋がともに出場権を争う「頂上決戦」方式になった電王戦。ある意味で対等な形式になり、そうなると尚更気になるのがレギュレーションですが、本日の発表会では明かされませんでした。前回も物議をかもした部分であり、片方のみが有利な環境で研究を行える、といった非対称性を含まないものが期待されます。

コンピュータ将棋側の予選を兼ねた第3回将棋電王トーナメントは、2015年11月21日(土)~23日(月・祝)に行われます。前回より3週間程度後の時期となっているほかは詳しい情報がまだなく、出場者募集もまだ始まっていないようですが、開発者の皆さんは準備しましょう。電王戦への出場枠はたったひとつとなり、さらに熾烈な争いが見られそうです。

本日発表された形式はひとまず3年継続される予定とのことです。なお、新棋戦名称募集中。今日から1週間、名称を募集し、その中から投票で棋戦名が選ばれ、開幕直前に名づけられる予定となっております。これぞと思われる名称案がおありの方はご応募を。

Comments (0) | Trackbacks (0)

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!