将棋電王戦FINAL第五局はAWAKE開発者が投了、団体戦はプロ棋士チーム勝ち越しで決着

本日東京将棋会館で行われた将棋電王戦FINAL第五局、▲阿久津主税八段 – △AWAKEの一戦は、AWAKE開発者の巨瀬亮一さんの判断での投了により、開始から1時間たらずで終局しました。形式的には、21手で阿久津八段の勝ち、ということになるようです。団体戦としては3勝2敗、過去4回の電王戦で初のプロ棋士チームの勝ち越しで決着となりました。

阿久津八段が採用したのは、アマチュア参加企画「電王AWAKEに勝てたら100万円! 」でAWAKEが唯一の敗戦を喫した、AWAKEにわざと△2八角と打ち込ませて△1九角成とさせ、それを▲3八玉~▲5八金左~▲4八金直~▲1七桂~▲6九飛で殺そうという作戦。100万円チャレンジでの持時間10分・秒読み10秒ルールではAWAKEが罠にはまる確率はあまり高くありませんでしたが、持時間5時間・秒読み1分の一発勝負である将棋電王戦FINALAWAKEはその罠に堕ちてしまいました。また100万円チャレンジではAWAKEが△2八角を打っても挑戦者がその後に正確に受け切れず、1局を除いてAWAKEが勝ちましたので、投了せず対局を続ければAWAKEにも勝ち目があるようにも思われましたが、開発者は潔く投了。巨瀬さんはご自身も棋力の高い方ですので、判断は妥当なのでしょう。

電王戦では今までも、入玉模様や投了のタイミング、角不成に対するバグによる終局など、さまざまな決着の形やそれに対する議論がありましたが、今回の結末もまた物議をかもすことになるでしょう。今回のこれはバグではなくコンピュータ将棋の弱点を突かれたもので、コンピュータは弱いから負けたのだ、ということになるでしょう。昨今、人工知能に対する関心が世界的に高まっていますが、このようなセキュリティーホールを突かれても人工知能は正常に機能できるか、という議論は今後数多くなされるであろうと思われます。そういう意味も含め、阿久津八段は対戦相手に対するベストプレーを行った、と言えるでしょう。今回のことが批判の対象となるとすれば、対局者でなく、対局者の片方が一方的に開発成果を閲覧できる上に、他方は開発期限以降の改良を認めない(ホモロゲーション)、というレギュレーションの是非が問われるべきでしょう。今回は当初の予定を変更し、当ブログを午前中に取り急ぎ更新いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 将棋電王戦FINAL第五局はAWAKE開発者が投了、団体戦はプロ棋士チーム勝ち越しで決着
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメント:6個

  1. 名無しより、 2015/4/13(月):

    素人質問で申し訳ありません。少し下記の点で気になったのですが、

    >対局者でなく、対局者の片方が一方的に開発成果を閲覧できる上に、
    >他方は開発期限以降の改良を認めない(ホモロゲーション)、というレギュレーションの是非
    コンピュータソフト開発者は、「阿久津プロの棋譜は閲覧出来ない」という決まりがあったのでしょうか。
    また、開発期限以降に改良を認めた場合、評価関数の入れ替えや
    探索関数の改良などで、完全に別物になる可能性があると思うのですが、
    そのような不正(別物と戦う事)を防ぐ手段はどのように確保すればよいのでしょうか。

  2. ひーたんより、 2015/4/14(火):

    コンピュータソフトというのはアップデートしていかなければ脆弱性を突かれるもので
    windowsをはじめ様々なところで問題になっています
    そのうえで脆弱性の解消を重ねて別物になったということが不正であるのか、ということを
    今一度ルール作りから考えるべき事柄だと思います
    またそれとは別に将棋ソフトは中身を(評価関数など)変えなくても、探索深さが変わるだけで
    全く強さが変わって別物になったと感じる根本的な問題があります
    第三回電王戦のやねうらの騒動もそうですが、
    バグが解消されてバグにとられていた計算効率が改善された結果
    強さが変わってしまい別物に思えてしまうということも普通に考えられることです
    ただ少なくともボナンザメソッドでは現状28角を打ってしまう脆弱性は一致して持っているようで
    評価関数の入れ替えや探索関数の改良だけではそれだけで別物になったとは言えないでしょう
    このあたりはレギュレーション次第かと思われます

    人間とコンピュータソフトの様な異種格闘技戦はルールやレギュレーションで様々変わってしまい
    公平対等に戦うというのはありえないということが今回の電王戦Finalでの結論かと思います

  3. ひーたんより、 2015/4/14(火):

    読みづらくてすみません

  4. ハムたろうより、 2015/4/15(水):

    どんなに研究されても人間に負けないソフトを作り上げれば良いのではないですか?
    今は進歩の途上でそこまでのソフトになっていないというだけの話なのではないですか?

  5. adbより、 2015/5/2(土):

    これいいね

  6. Johne348より、 2017/3/26(日):

    Ive learn some excellent stuff here. Certainly worth bookmarking for revisiting. I wonder how a lot attempt you set to create such a fantastic informative web site. gffekkgeddbk

コメントをどうぞ

トラックバックのリンク

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!