第2期電王戦は1日制二番勝負、「電王戦合議制マッチ」も開催

昨日行われた第2期叡王戦本戦組み合わせ抽選会にて、叡王戦の本戦トーナメント組み合わせが決まるとともに、第4回将棋電王トーナメントの全出場ソフト発表されました。ほか、第2期電王戦の対戦形式とスペシャルイベントの開催も公表されました。

第4回将棋電王トーナメント前回から大幅増の全38チームのエントリーとなり、上位争いはさらに激戦となりそうです。賞金総額550万円のビッグトーナメントであること、優勝ソフトには電王の称号と電王戦への出場権が与えられる点は、前回と同じです。

その第2期電王戦は、第1期の2日制二番勝負から1日制二番勝負に変更されました。2日制が異例でしたので、普通に戻ったともいえます。叡王戦の優勝者が棋士代表「叡王」として出場する点は前回と同じ。

また、今年の実験的スペシャル企画として、電王戦合議制マッチが大晦日に行われます。これは一昨年の大晦日に行われた電王戦リベンジマッチ 森下卓九段 vs ツツカナの続編ともいうべきもので、このときの継ぎ盤対局を棋士チームとコンピュータ将棋チームの3対3対戦に発展させた対局。「合議」で1局の将棋を争います。もっとも棋士チームは継ぎ盤を使って3人で話し合って指し手を決める文字通りの合議なのに対し、コンピュータ将棋チームは多数決で指し手が決まることになりそう。棋士チームは森下卓九段と他2名の棋士(未定)。一方のコンピュータ将棋チームは第3回将棋電王トーナメントの上位からPonanzanozomi大樹の枝の3ソフトの出場がすでに決まっています(大樹の枝は今年は浮かむ瀬に名を変えています)。詳細ルールは後日発表のようです。

2年前のリベンジマッチは、持ち時間が切れた後に1手10分もの秒読みを設定した異例のルールで、終盤になっても森下九段が継ぎ盤を使ってじっくりと指し手を考慮する余地が確保されていました。そのためか深夜になっても森下九段の指し手は安定し、終盤の優位を保ち続けていましたが、対局時間があまりにも延びてしまい、初日の出直前の時刻になっても盤上で決着がつきませんでした。合議制マッチのルールは現時点で未発表ですが、当ブログとしては、10分の秒読み部分を「5〜10分程度のフィッシャークロック時間加算」に変更することを提案したいと思います。つまり、継ぎ盤で必ずしも毎手番ごとに10分使わずとも、早く指してその後の考慮時間として温存できるようにするわけです。このルールによって時間を損失する心配がなくなって指し手の容易な局面で早指ししやすくなるとともに、いざ急所の局面にてより長い時間を投入できます。当協会では、第26回世界コンピュータ将棋選手権にフィッシャークロックルールを採用し、対局時間消費を効率化しつつ時間切れのリスクを避ける方式としておおむね好評を得ました。将棋ではあまり馴染みのないルールですが、チェスで豊富な採用実績のあるルールです。これによって、「除夜の鐘の頃まで」の対局終了が期待できるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第2期電王戦は1日制二番勝負、「電王戦合議制マッチ」も開催
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

最初のコメントをどうぞ

トラックバックのリンク

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!