ゲームプログラミングワークショップ2017「不完全情報ゲームAIの現状と将来」

11月10日(金)〜12日(日)の2泊3日で行われる、ゲームプログラミングワークショップ2017(主催: ゲーム情報学研究会情報処理学会、協力: 当協会ほか)のプログラムが更新されています。従来から主流のボードゲームに加え不完全情報ゲームやその応用、深層学習をはじめとするアルゴリズムなど多様な最新研究の発表に加え、2件の招待講演が行われるのは例年通りですが、今年は2日目午後から「不完全情報ゲームAIの現状と将来」と題し、招待講演2件とパネルディスカッションが連続して行われる、例年以上に慌ただしい構成となっています。加えて、初日と2日目の夜にはいつも通りGPW杯の名を冠した4つのゲーム大会(コンピュータ囲碁・デジタルカーリング・ターン制ストラテジーTUBSTAP・ガイスター)もあります。

参加募集はすでに始まっています。お申し込み〆切は10月30日(月)です。第5回将棋電王トーナメントと日程が重なっているのが残念ですが、学割などもありますので、ゲームプログラミングほか人工知能系の初学者には特にお薦めです。学術的な発表会ではありますが、例年にもましてイベントてんこ盛りの合宿系の集いです。多数のご参加をお待ちしております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ゲームプログラミングワークショップ2017「不完全情報ゲームAIの現状と将来」
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

最初のコメントをどうぞ

トラックバックのリンク

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!