Ponanza無双、ハンディキャップ戦でも不敗

去る3月11日(土)、12日(日)の両日、第2期電王戦直前イベント「人類vs電王PONANZA ?だれでも所持金300万円?」が開催され、合計38名の挑戦者がPonanzaに挑んだ模様がニコニコ生放送で中継されました。結果は昨年の同イベントに続いて今年もPonanzaの全勝。これだけなら「またか」という感じですが、今年は昨年とは大きく異なることがありました。それは対局の大半が、大駒落ち相当のハンディキャップ戦であったことです。

こちらの画像お品書きが示す通り、賞金を減額する代わりにPonanzaが角を落とす、Ponanzaが飛を落とす、挑戦者の飛と角が最初から成っている、挑戦者の飛がいきなり成り込める形になっている、など、Ponanzaにハンディキャップを課した状態で挑戦することができました。このようなルールで行われることは挑戦者は初日のイベント開始前まで知らされていなかったらしく、また各ハンディキャップは挑戦者が選択できたものの数量制限があり、好きなハンディキャップを選び放題、というわけではなかったようですが、挑戦者はチャンスと思ったことでしょう。「両成」「龍王」はほとんど例のないルールなのでどの程度有利なのかはあまり明らかではありませんが、パソコンソフトの形勢判断などから、飛落と大きく異ならないハンディキャップとみられるようです。しかし、アマチュア大会全国優勝クラスの挑戦者が複数含まれていたにもかかわらず、Ponanzaはすべての挑戦を退けたのでした。

従来、コンピュータ将棋は駒落が苦手と言われてきました。コンピュータ将棋が学習の教師として使用する棋譜は大半が平手戦のもの。大駒落ちや「両成」「龍王」のルールで指された高品質の棋譜はほぼ皆無で、学習の機会はありません。そのためか、角落では挑戦者の四間飛車に対して居飛車穴熊、飛落では「御神酒(おみき)指し」と呼ばれる、ほとんどの上手が避ける角交換をあえて行う指し方を採用するなど、あまり得とは思えない作戦を多く選んでいました。にもかかわらず、Ponanzaはほとんどの対局で終盤までに不利を覆し逆に差をつけて勝っていました。従来の常識から考えれば、コンピュータの作戦に何らかの隙を見つけて確実に勝てる作戦を選ぶ挑戦者が1人くらいは現れそうなものでしたが、Ponanzaはその隙を見せませんでした。

今回のPonanzaの強さは、「融通が利かない」という従来のコンピュータのイメージを高水準で覆すものだった、と当ブログ主は考えます。コンピュータは、学習機会が乏しい状況でも柔軟な対応力を見せました。コンピュータ将棋は本格的に人工知能らしさを手に入れた、と言ってよい成果だったのではないか、と思います。

しかしいくらPonanzaが強いとはいえ、大駒落ちが小さくないハンディキャップであることも事実。ある程度以上の水準の指し回しを披露する挑戦者が現れていれば、高額賞金を手にする可能性は充分にあったはず。当ブログでは、それを承知で今回のルールに踏み切ったニコニコ動画に敬意を表したいと思います。この英断によって、またしてもコンピュータ将棋の進歩が示されました。

直前イベントで異次元の強さを見せたPonanza佐藤天彦名人と対局する第2期電王戦第1局は明日、日光東照宮で行われます。名人とコンピュータ将棋の初の公式戦は、ニコニコ生放送で完全生中継されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Ponanza無双、ハンディキャップ戦でも不敗
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

最初のコメントをどうぞ

トラックバックのリンク

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!