第3回将棋電王トーナメントはPonanzaが優勝

11月21日(土)〜23日(月、祝)に開催された第3回将棋電王トーナメントPonanzaが優勝し、賞金300万円を獲得しました。2年ぶり2度目の優勝おめでとうございます。第3代電王となったPonanzaは、郷田真隆王将山崎隆之八段との決勝三番勝負(12/6(日)、13(日)、20(日))を控えた第1期叡王戦の勝者と第1期電王戦二番勝負を戦うことになります。

今回はAperyがオープンソース化された影響が本格的に現れ、いきなり強い初参加チームが多く登場しました。しかし初日の予選リーグで上位だったシード組のうち3チームが2日目の決勝トーナメント準々決勝で敗れるなど一発勝負ならではの波乱の展開となり、ベスト4にはすべて出場2回以上のチームが残りました。そして、3局同時対局という従来にない方式で行われた準決勝と決勝をそれぞれ3勝・2勝1敗で勝ち抜いたPonanzaが優勝、nozomiが準優勝、3位決定戦を2勝1敗で制した大樹の枝(=Apery)が3位、超やねうら王が4位となりました。

準々決勝で敗れた4チームで争われた5位決定戦は、初出場の技巧が制しました。プロ棋士との対局に進出するチームは1チームに減りましたが、5位まで賞金が与えられるのは前回までと同様です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第3回将棋電王トーナメントはPonanzaが優勝
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメント:4個

  1. ミルショーより、 2015/11/25(水):

    300 :名無し名人:2015/11/25(水) 07:35:42.63 ID:zy2Y5LBH
    それにしても、floodgateって2リーグ制にしてもらえんかね。
    R2800以上がA級、R2799以下がB級というように。(2weekみても、ソフト数のバランスが良い)
    Pona、NDF、Aperyの一流は見たいし、fv_binを超すのが目標の開発者だっている。
    だが、マッチネームが決まった時点で勝敗が決まってるような将棋のどこが面白いんだ?
    上位の時間切れでレーティングに支障が出る事だってある。

    どうかご一考下さい。

  2. ミルショーより、 2015/11/25(水):

    300 :名無し名人:2015/11/25(水) 07:35:42.63 ID:zy2Y5LBH
    >>299
    前のバージョンと同じような…(Shogidokoroのバイナリフォルダ直下)

    それにしても、floodgateって2リーグ制にしてもらえんかね。
    R2800以上がA級、R2799以下がB級というように。(2weekみても、ソフト数のバランスが良い)
    Pona、NDF、Aperyの一流は見たいし、fv_binを超すのが目標の開発者だっている。
    だが、マッチネームが決まった時点で勝敗が決まってるような将棋のどこが面白いんだ?
    上位の時間切れでレーティングに支障が出る事だってある。

    どうかご一考下さい。

  3. ミルショーより、 2015/11/25(水):

    追記:レーティングの問題に関しては、gpsfish_normalを2リーグ交互に対局させる事で解決できるものと
    思われます。

  4. うさぴょんの育ての親より、 2015/12/16(水):

    >ミルショーさん
    floodgateを運営しているのは、GPSチームの方々で、CSAが運営に関与しているわけではないので、
    ここでその話をされても反応はどこからもないかと思います…。

コメントをどうぞ

トラックバックのリンク

コンピュータ将棋協会blog is Digg proof thanks to caching by WP Super Cache!